そらとちゃまの物語

そらとちゃま、たまに嫁の物語。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

優しい気持ちに包まれて・・・

fc2_2013-10-26_14-16-52-895.jpg

《 どうして  How could you ? 》

ぼくがまだ子犬だった頃、あなたは、ぼくの可愛いしぐさを笑ってくれました。
あなたはぼくのことを「息子」と呼びました。
僕が靴や枕を噛んでしまったりしたけれど、
あなたのベスト・フレンドになれました。
ぼくが何か悪いことをした時、
あなたはぼくを指さし「どうして?」と聞いたよね。
でもすぐに許してくれて、ぼくのおなかを優しく撫でてくれました。

あなたはとても忙しかったので、ぼくのしつけは思っていたより長くかかったけど、
なんとか一緒にやり通しました。

昔一緒にベッドで寝て、あなたの心の秘密に耳を傾けたり、これほど幸せな人生はないと信じていました。

一緒に散歩に出かけたり、ドライブに行ったり、アイスクリームを食べたり(あなたはアイスは犬には悪いから、
と言ってコーンしかくれなかったっけ?)。

ぼくは、あなたが会社から帰ってくるのを日向ぼっこしながら待っていました。
少しずつあなたは会社で過ごす時間が長くなり、人間の親友を探しに出かけていきました。
わたしは辛抱強くあなたの帰りを待ち、落胆や失恋したあなたを癒め、あなたが間違った選択をしても小言は言わず、いつもあなたが帰ってきたとき、恋に落ちたとき、共に大喜びして飛び跳ねるほどでした。

彼女、今ではあなたの妻は、「犬は人間ではない」と言います。
それでもぼくは彼女が来たときは歓迎し、彼女に親しもうと努力し、彼女の言うことを聞きました。

ぼくはあなたが幸せだったから、ぼくも幸せでした。

それから赤ちゃんが生まれ、ぼくも一緒によろこびました。
ぼくは赤ちゃんのピンクの肌、そして香りが大好きで、ぼくも彼らの世話をしたかった。
でもあなたと彼女はぼくが赤ちゃんたちを傷付けるのではないかと心配し、ぼくはほとんどの時間を別の部屋か、
犬小屋で過ごすようになりました。
ぼくも本当に彼らを愛したかった。
でもぼくは「愛の囚人」になってしまいました。

あの子たちが成長すると、ぼくは彼らの友達になりました。
ぼくの毛につかまって立とうとしたり、ぼくの目に指を突っついたり、ぼくの耳をひっぱったり、ぼくの鼻にキスをしてくれました。
ぼくはあの子たちの全てを愛し、あの子たちにさわられることに喜びを感じました。
なぜならあなたはもうほとんど、ぼくに触れてくれなくなっていたから。
そしてぼくは必要なら命をかけても、あの子たちを守ってもいいと思いました。

ぼくはあの子たちのベッドにもぐりこみ、彼らの心配事や夢に耳を傾け、あなたの帰ってくる車の音を一緒に待ちわびました。

以前は誰かがあなたに、「犬を飼っている?」と尋ねると、あなたは財布からぼくの写真を取り出しぼくの話をしました。
でもこの数年は単に、「飼ってるよ」と言うだけで話を変えてしまいました。

ぼくは「あなたの犬」から、「単なる犬」へと変わり、あなたはぼくにかかる費用を不快に思うようになっていきました。
そしてあなたは他の街で新しい仕事を見つけ、ペットを飼ってはいけない住宅に引越すことになりました。

あなたは「家族」のための最良の選択をしたのかもしれないけれど、昔ぼくがあなたの唯一の家族だった時代があったよね。

ぼくはドライブに連れて行ってもらえるのだと思い、ワクワクしました。
でも、着いたのが動物保護センターだとわかったときはまた悲しくなりました。
犬や猫、恐怖と不安の臭いがしました。
あなたは書類を記入し、
「いい飼い主が見つかると思うよ」と言いました。
担当の人たちは物悲しげに肩をすくめました。
彼らは「血統書付き」でも、中年の犬の現実を知っているのです。

子どもはぼくの首輪をつかんで離そうとしませんでしたが、あなたはその指を強引に引き離しました。
「お父さん、だめ!僕の犬と別れるのは嫌だ!」
とあの子は叫びました。
ぼくはあの子のことが心配です。
あなたがたったいま息子に教えたことを・・・。

友情、忠誠心、愛や責任、そして何よりも生命を尊重するということについてあなたが息子に教えたことを・・・。

あなたはぼくと目はあわせず、帰り際にぼくの頭を軽く撫で丁寧にぼくの首輪とリードを持って 帰ることを断りました。

あなたは時間がないと言います。
それはぼくも同じでした。
あなたが去ったあと、優しい二人の女性は引越しのことは以前からわかっていたのに、なぜ新しい飼い主を探そうとしなかったのかと話していました。
頭を横に振りながら彼女たちは、
「どうしてなの?」と言いました。

忙しいのに彼女たちはできるだけ、ぼくたちの世話をしてくれました。
もちろん餌は与えられているけど、もうずっと前からぼくは食欲を無くしました。
最初は誰かがぼくの檻の前を通る度に、ぼくは前の方に飛び跳ねました。
あなたの気が変わって、また迎えにきてくれたんだと思い、今の状況が単なる悪夢だと思い、そしてあなたでなくても、ぼくを愛してくれる誰かが来たのだと願いながら・・・。

自分たちの運命に気付いていない、かわいい子犬たちにはぼくは勝てないと悟ったとき、ぼくは奥の角にうずくまり、ひたすら待ちました。

その日の終わりに係員の足音が聞こえ、彼女と一緒に別の部屋に行きました。

とても静かな部屋でした。
彼女はぼくを台に乗せ、ぼくの耳をさすりながら、
「心配しなくていいのよ」
とささやきました。
ぼくの心は今から何が起こるのだろう、と不安でいっぱいになりましたが、安心感さえも感じました。
「愛の囚人」となったぼくは、最後の日を迎えていました。
でもぼくは自分のことよりも彼女のことの方が心配でした。
ぼくがあなたの機嫌がいつもわかっていたように、 彼女の気持ちもわかるのです。
彼女の心の重荷は非常に大きいものでした。
彼女は優しくぼくの前足に止血帯を巻きました。
彼女のほおには涙が流れています。
ぼくは昔あなたを慰めるときにもいつもしたように、彼女の手をなめました。
それから彼女は慣れた手つきでぼくの静脈に注射をさしました。
チクッとしてから薬が体を流れるのを感じました。
ぼくは眠くなって横たわり、 彼女の優しい目を見つめながら、
「どうして?」とつぶやきました。
彼女に、ぼくの犬言葉がわかったのでしょうか。
彼女は「本当にごめんね」と言いました。
彼女はぼくを抱きしめ、ぼくがもっといい場所、無視などされず、虐待や見捨てられることもない、この地上とはまったく違う愛情と光あふれる幸せなところに行けるようにするのが自分の役目だと教えてくれました。
ぼくは最後の力を振り絞って尻尾を一度ふり、
ぼくが「どうして?」と言ったのは、彼女にではないことを教えたかった。
この言葉はあなた、そう、
ぼくの愛するご主人さまに向けたものなのです。
ぼくはあなたのことを考えていたのです。
ぼくはいつまでもあなたのことを記憶し、あなたを待っています。
ぼくがあなたを愛したように、あなたが、人生で出会うすべての人から愛されることを願っています。


(著者から一言)
わたしが「どうして?」を書いたとき涙を流したように、あなたもこれを読んで 同じく涙を流してくれたのだとすれば、それは、毎年アメリカとカナダで死ぬ何万匹ものペットたちに捧げられた涙です。
非営利目的であれば著作権を明記してこの話をぜひ配信してください。
動物保護センターや、獣医のウェブサイトニュースレターなどで動物は私たちの愛情と暖かい世話を受ける権利があること。
どうしても.....
ペットを手放さなければならない場合、 他にいい飼い主を探してあげるのは、私たちの責任であること。
すべての生命は大切であることを伝えてください。
無意味な殺しを止め、捨てられるペットが増えないようにするためにも去勢キャンペーンなどに協力してください。

ー ジム・ウイリス ー
スポンサーサイト
[ 2013/11/20 23:12 ] 動物愛護 | TB(0) | CM(0)

そこにいるのは

兄の家には古本屋で買った本が沢山ある。
たまに遊びに行った時にその中から数冊もらったりしていた。
出会いっていったいどんな風にして巡り会うんだろう?
それは偶然?それとも必然?
兄の家からもらった本の中に
「世界にたったひとつの犬と私の物語 渡辺眞子著」
があった。
今この本を探してきて手にとって気づいたんだけど、このブログのタイトル「そらとちゃまの物語」は無意識にここからとったものなのかもしれない。
この本を読んで初めて保健所のこと、ボランティアのことを知った。
数年前にとあるペットショップで『飼い主探し隊』のポスターに出会った。
そこにあったボランティア募集の文字。
どうせ問い合わせなんてしないだろうな、と思っていたのに、何故かその連絡先を携帯のカメラで記録していた。
この数ヵ月後、たまたま携帯の画像を整理していてこのことを思い出した。
この翌月から月に一度、岐阜のペット霊園「愛の森」で行われる譲渡会の手伝いをするようになった。
そんな中、全ての子を救うことができないこと、それによって救う子を選ばないといけないことを知った。
そして月日が流れ自分の息子に犬アレルギーが発症した。
M.シュナウザーは皮屑、抜け毛が飛び抜けて少ない。
そんなこともあってか空気清浄機やこまめなブラッシング、部屋の掃除でほぼアレルギーは息を潜めた。
そらと出会ったこと、M.シュナウザーを迎えたこと、これも偶然なんだろうか?
そして僕はTSR(チームシュナウザーレスキュー)に出会った。
そこに書かれた文字。
「きっとなにかできるよ」
そう、誰にだってできることが何かある。
息子のアレルギーのこともあっていろいろな事を諦めようと思った。
でも、それでもきっとできることはなにかあると思う。
幸い今は犬アレルギーは落ち着いている。
M.シュナウザーなら大丈夫かもしれない。
そうじゃなくて、M.シュナウザーを救いたい!

人には辛く思い出したくない過去がある。
そらと出会えたことで僕は変わった。
そらは僕の心を救ってくれた。
心からそらには感謝している。

P1020323a.jpg
10/4、岐阜の保健所のHPでこの子と出会った。
そして10/8に保健所に出向いてこの子に会ってきた。
そして今日までこの子に飼い主からも一般の方からの譲渡の声もかからなかった。
明日、この子を迎えにいきます。
きっと君は以前の僕だから・・・。
そらが僕を救ってくれた。
だから今度は僕が君を救いたい。

兄夫婦から貰った1冊の本、ペットショップでのボランティアのチラシ、岐阜でのボランティア活動、そして9/17のTSRへの参加。
その1ヶ月後のこの子との出会い。

明日、君に、僕に会いに行きます。


[ 2013/10/15 23:30 ] 動物愛護 | TB(0) | CM(2)

9/22 TSRオフ会

DSC_1405.jpg
今日は愛知県春日井市にあるドッグカフェ「FUTURO」さんに行ってきました。


DSC_1404.jpg
ここの看板犬はシュナウザーなんです!
小っちゃくて可愛い子でした。
今日は最近参加させていただいているTSR(チームシュナウザーレスキュー)http://pu-nya.blog.so-net.ne.jp/のオフ会に参加してきました。


DSC_1400.jpg
春くんとマァルくんの相撲シーン。
今日はそらとこの二人が三角関係でした(笑)。
そら→春くん→マァルくん
そらは少し残念な位置ですね。




DSC_1396.jpg
そらは春くんが気になるんだけど・・・春くんは何も居ないかのようにスルーwww



DSC_1392.jpg
いつもそらを見てるから黒シュナは新鮮!
S&Pもいいけど黒も可愛い!!


DSC_1425.jpg
最後にみんなで写真撮影をしました。
せっかくなんだからもっとパシャパシャ撮っておけば良かったなぁ。
こんなに素敵な人達と過ごせたこと、大好きなシュナウザーに囲まれたこと、そして素敵なお店に美味しい御飯、
とても気持ちのいい時間を過ごすことができました。


DSC_1430.jpg
そらは相当に楽しかったみたいです。





[ 2013/09/22 22:02 ] 動物愛護 | TB(0) | CM(0)

ここから再スタート

久しぶりの更新。
前回からいろいろとありました。
とりあえずまだ親とはあのままですね・・・。
このままズルズル行くのもダメだってことはわかってるんだけど。

そして、前回のブログからの一番の変化は、、、
今までお世話になった飼い主探し隊から抜けたことです。
抜ける際には色々な方から引き止められました。
僕は預かりもしてなかったし大したことはできていなかったと思います。
それでもみんなの気持ちが凄く嬉しくて、やっぱり戻ろうかな・・・と何度も何度も悩みました。
そこまでしてなんで辞めるのか???
それは飼い主探し隊に居て思ったこと、ここ何ヶ月かのそらとのことです。

まず一つ思ったのは助けられる犬って限られてるんだろうなって思います。
それにその子が病気だったらかなりのお金もかかります。
じゃあ、お金がかからなさそうな子だけを助ければいいのかな?
助ける犬を選ぶ基準は?
また、歩夢が犬アレルギーになってそらのことをいろいろ考えました。
そらと出会ってからのこと。
今までの人生は本当に悲惨だったと思います。
ギャンブルにタバコ、、、いろいろと。
きっとそらと出会えたこと、嫁と出会えたことが何よりも僕の生活を良くしてくれたと思います。
今ではタバコもキッパリ止めたし、ギャンブルもほとんどやらなくなった。
本当にそらと出会えたことに感謝しているし、心の底から愛している。

そう!
気がついたんです。
僕は犬のために何かがしたい、そしてそれはそらと出会えたことへの恩返しでもあるのかなって。
もし助けられる命の数が限られているのなら、僕はシュナウザー達を助けてあげたいと思いました。
これなら命の選択は犬種だけになる!


と、偉そうなことを書いてはいるけど何をしたらいいのか、何ができるのかはまだ模索中・・・。
ただ、仲間がいる!
現在はTSR(チームシュナウザーレスキュー)に参加させてもらっています。


そんな思いの中、今日はここ、名古屋市動物愛護センターに行ってきました。

DSC_1335.jpg


管理棟横にある慰霊碑。
DSC_1334.jpg
花をお供えして、これから何ができるかわからないけど、きっと何かできるはず!
そういった思いをみんなに伝えてきました。

ここから再スタートです。
[ 2013/09/11 23:26 ] 動物愛護 | TB(0) | CM(0)

3/16 飼い主探し隊 

岐阜県各務原市の愛の森さん(動物霊園)で毎月行われる、犬猫の譲渡会にボランティアで参加してきました。
気候がよく花粉とPM2.5さえなければ最高でしたね・・・。
この時期は花粉症の人は辛いですよね。



IMG_6576.jpg
チワポメのクール。
前回クールに譲渡の話しが出たんですがうまくいかず。
タイミングがずれて今回は無しに。
きっと本当の赤い糸は違うところにあるんだね。


ポメラニアンのメリー。
全くもって問題がなざそうだし大人しそうで見た目も可愛いと思います。
なぜか全然話が出てこない。
譲渡会で大人しい過ぎて目立たないからなのかなぁ??
と、いつも不思議に思ってしまいます。


IMG_6584.jpg
子犬たち。
やっぱ子犬はスターですね。
あっという間に里親さんが見つかってしまいます。


IMG_6586.jpg
この子が上の子犬たちのお母さん。
散歩させてもらったけど、アイコンタクトはばっちりだし引っ張りはないし、とってもいい子。
第一印象はちょっと怖いかもって感じがしたんだけど、一気にお気に入りになっちゃいました。
本当に優しいお母さんです。


IMG_6588.jpg
子犬の寝顔は天使ですね。



IMG_6591.jpg
チャコちゃん。
トイプードル。



IMG_6595.jpg
楽歩(ラブ)。
生まれた時から後脚が悪く、立っていても直ぐに転んでしまいます。
なんと、生後数ヶ月のこの子はホームセンターの前に捨てられていました・・・。
障がいもあるけど、それでもこの子が欲しいというお話が最近あったようです。
うまく話しがまとまることを願ってます!!


IMG_6601.jpg
陸。
とっても格好良い!
何かのはずみで人の脚を噛んでしまう(本気噛み)みたいです。
トラウマかな?
きっと何か嫌な思い出があるんだな。
いい出会いがあるといいね。


IMG_6615.jpg
茶々。
雑種。
ちょっと散歩は下手みたい。
少しずつ上手になれるといいね。


IMG_6623.jpg
バディー。
ボクサーみたいな顔。
この子は顔に似合わずとっても甘えん坊な様子。
良い話もあったみたいです。


IMG_6639.jpg
知ちゃん(ちいちゃん)
おばあちゃんが編んでくれたセーターを着てました。
めっちゃ可愛がられてるのか前回と顔つきが違う気がする。


IMG_6644.jpg
笑良(ニコラ)。
心臓が少し悪いのかな?
とっても可愛い子。
良い出会いがあるといいね。


IMG_6645.jpg
リズム。
曲がった耳がチャームポイント。
そういえば、ハチ公も耳が曲がってたっけ??
名犬の素質あり??


また来月も参加します。
預りとかはできないけど、それでも手伝えることはたくさんあります。
みんなも誰かや何かのためにできることってあると思います。
できることがきっとある!!
俺も頑張るぞーーー!!
では(o・・o)/~
[ 2013/04/09 23:09 ] 動物愛護 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。