そらとちゃまの物語

そらとちゃま、たまに嫁の物語。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ここから再スタート

久しぶりの更新。
前回からいろいろとありました。
とりあえずまだ親とはあのままですね・・・。
このままズルズル行くのもダメだってことはわかってるんだけど。

そして、前回のブログからの一番の変化は、、、
今までお世話になった飼い主探し隊から抜けたことです。
抜ける際には色々な方から引き止められました。
僕は預かりもしてなかったし大したことはできていなかったと思います。
それでもみんなの気持ちが凄く嬉しくて、やっぱり戻ろうかな・・・と何度も何度も悩みました。
そこまでしてなんで辞めるのか???
それは飼い主探し隊に居て思ったこと、ここ何ヶ月かのそらとのことです。

まず一つ思ったのは助けられる犬って限られてるんだろうなって思います。
それにその子が病気だったらかなりのお金もかかります。
じゃあ、お金がかからなさそうな子だけを助ければいいのかな?
助ける犬を選ぶ基準は?
また、歩夢が犬アレルギーになってそらのことをいろいろ考えました。
そらと出会ってからのこと。
今までの人生は本当に悲惨だったと思います。
ギャンブルにタバコ、、、いろいろと。
きっとそらと出会えたこと、嫁と出会えたことが何よりも僕の生活を良くしてくれたと思います。
今ではタバコもキッパリ止めたし、ギャンブルもほとんどやらなくなった。
本当にそらと出会えたことに感謝しているし、心の底から愛している。

そう!
気がついたんです。
僕は犬のために何かがしたい、そしてそれはそらと出会えたことへの恩返しでもあるのかなって。
もし助けられる命の数が限られているのなら、僕はシュナウザー達を助けてあげたいと思いました。
これなら命の選択は犬種だけになる!


と、偉そうなことを書いてはいるけど何をしたらいいのか、何ができるのかはまだ模索中・・・。
ただ、仲間がいる!
現在はTSR(チームシュナウザーレスキュー)に参加させてもらっています。


そんな思いの中、今日はここ、名古屋市動物愛護センターに行ってきました。

DSC_1335.jpg


管理棟横にある慰霊碑。
DSC_1334.jpg
花をお供えして、これから何ができるかわからないけど、きっと何かできるはず!
そういった思いをみんなに伝えてきました。

ここから再スタートです。
スポンサーサイト
[ 2013/09/11 23:26 ] 動物愛護 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。