そらとちゃまの物語

そらとちゃま、たまに嫁の物語。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

家族の在り方

今日はペンギンネタです。
ペンギンってめっちゃ可愛いですよね\(//∇//)\
大好きです(*´∀`*)

みなさんは『コウテイペンギン』って知ってますか?
コウテイペンギンは世界でもっとも過酷な子育てをする鳥とも言われています。

まず、求愛行動を経てメスが卵を産みます。
卵はオスが抱卵し、雛が孵るまでの約2ヶ月間を抱卵したまま氷だけで過ごします。
メスは産卵のためにかなりの体力を消耗しているために餌を求めて海へと向かいます。
その間に、雛のためにオキアミなどを胃に貯め込んで戻ってきます。
オスはメスが帰って来るまで決して海へは行かずに抱卵し続け、雛が孵ってもメスの帰りを待ち続けます。
メスが帰ってくると雛をメスに託し、自分の食事と雛の食料調達のために1ヶ月程海へと向かいます。
この後はこれをメスと交代しながら雛が成長するまで繰り返します。

houran0426.jpg
引用-南極動物図鑑



もし、最初の抱卵中にメスが天敵に出会ったり、何らかの怪我を負って戻って来れなくなったらオスとその雛はどうなるんでしょう?
2ヶ月という時間はとても長いです。
僕たちからしたら永遠にも思える時間だと思います。
2ヶ月後のいつに戻ってくらのかもわからなく、戻って来ない可能性だってあります。

僕は嫁をどれだけ待てるんだろう・・・?
考えると怖いですね(苦笑)。


family0426.jpg
引用-悩んだら、とりあえず見てみよう

いつまでも相手が帰って来るのを信じてひたすらに待ち続けるコウテイペンギン。
その姿に家族の在り方を考えさせられました。
僕はどれだけ家族を信じられるんだろう?

大人になると人を信じるのってとっても難しいですよね。
それでも大切な家族とは無垢な気持ちで信じ合える関係でいられたらと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓こちらをクリックするとHPに飛びます↓↓↓↓↓↓↓↓
『しゅなぽん』 URL:http://schnapon.sakura.ne.jp/shop/

twitterやってます。:+.゜ヽ(*′ω`)ノ゙。:+.゜
Twitterボタン
ちゃまwithそら

ブログランキングに参加しています。
こちらをクリックしてもらえると嬉しいです(*^_^*)
banner.gif

ブログ村に参加しています。
こちらもクリックしてもらえると嬉しいです(*^_^*)
ブログランキング・にほんブログ村へ

今日も僕のブログを読んでいただき、本当にありがとうございます。
このブログを読んで一人でも多くの方がシリウスのこと、保護犬から家族を迎えるという選択肢があるということを知って欲しいと願っています。
明日もみんなにとって素晴らしい1日になりますように♪






スポンサーサイト
[ 2014/04/26 19:29 ] ちゃま | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。